[東京 30日 ロイター] - 麻生太郎金融担当相は30日、日本経済が新型コロナウイルスの感染拡大に直面する中、年末に向けて企業の資金繰りが逼迫する可能性に懸念を示した。政府当局者と各金融機関の代表との意見交換会で語ったもので、同席した全国銀行協会の三毛兼承会長(三菱UFJ銀行頭取)は、金融面から下支えする考えを表明した。

麻生金融担当相は「年末、年度末にかけて事業者の運転資金需要が高まってくると考えている」と発言。一部の企業はすでに資金繰りが厳しい状況にあると指摘した。これに対し三毛会長は、「政府・日銀と緊密に連携しつつ、金融面から経済を下支えする」と語った。

(梅川崇 日本語記事作成:久保信博 編集:青山敦子)