[ベルリン/ワシントン 27日 ロイター] - イエレン米財務長官は27日、ドイツのショルツ財務相と初の電話会談を行い、緊密な協力の下で共通の問題解決に取り組むことで一致した。

ドイツ財務省の報道官は「双方が非常に友好的な意見交換を行い、良好かつ緊密な協力に向けて一致した」と表明。また、両氏とも新型コロナウイルスの感染動向次第で、早期に対面協議が実現するよう望んでいるとした。

米財務省の発表によると、イエレン氏はショルツ財務相のほか、英国のスナク財務相とも会談。大西洋を挟んだパートナーシップの重要性を確認する同時に、新型コロナ感染拡大を収束させ、力強く持続可能な世界的な景気回復を支援するほか、気候変動への対応などで協力すると合意した。

英財務省は声明で、新型コロナ感染拡大で引き起こされた危機への対応で企業と家計の支援を引き続き最優先することで合意したと明らかにした。

*内容を追加しました。