トランプ氏、ベネズエラへの制裁示唆 制憲議会選めぐり

トランプ氏、ベネズエラへの制裁示唆 制憲議会選めぐり

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、ベネズエラのマドゥロ政権が今月30日に新憲法制定のための制憲議会議員選挙を強行すれば、経済制裁を発動する方針を示唆した。

ベネズエラでは16日、憲法改正の是非を問う非公式の国民投票が実施され、約720万人が投票に参加。圧倒的多数の98%が制憲議会構想に反対票を投じた。

ホワイトハウスの声明によると、トランプ大統領は「昨日、ベネズエラ国民は、民主主義、自由、法の支配にあらためて支持を表明した。だが、国民の勇気ある力強い行動は、独裁者を夢見る悪い指導者によって、引き続き無視されている」と表明。

「米国はベネズエラの崩壊を傍観しない。マドゥロ政権が7月30日に制憲議会議員選挙を強行すれば、米国は速やかに強力な経済的措置を発動する」と述べた。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索