ベネズエラ選挙は「概ね順調に行われた」、中国が見解

ベネズエラ選挙は「概ね順調に行われた」、中国が見解

[北京 3日 ロイター] - ベネズエラで30日に投開票された制憲議会選挙について、中国が選挙は「概ね順調に行われた」との見解を示し、欧米諸国の批判や不正を示す根拠を一蹴した。中国は、特にエネルギー分野でベネズエラと緊密な外交・経済関係を持つこの選挙は、野党がボイコットしたほか、民主主義に対する冒とくとして広く非難されている。

米国は、選挙は「インチキ」だったとして、先月31日にマドゥロ大統領に対して制裁を発動。スペイン、カナダ、アルゼンチン、ペルーの政府も非難を表明した。

電子投票システムを提供した企業は2日、少なくとも100万票が水増しされたと告発。ベネズエラ政府はこの非難は「無責任」として即座に疑惑を否定した。

中国外務省は2日夜に声明を発表し、選挙は「概ね順調に行われた」と述べたうえで「様々な関係勢力から反応」があったことに言及した。ただ、他国の内政には干渉しない姿勢を示した。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索