米韓、北朝鮮追加制裁は「良い結果」 日本「効果的な圧力を」

米韓、北朝鮮追加制裁は「良い結果」 日本「効果的な圧力を」

[マニラ 6日 ロイター] - ティラーソン米国務長官と韓国の康京和外相は6日、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮への追加制裁は同国に核・ミサイル開発の停止を求める取り組みを進める上で好ましい結果だとの認識を示した。

両氏はこの日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議の合間に会談した。会談を始める前に、ティラーソン長官は5日の国連制裁決議の採択について「良い結果だ」と述べ、同席した康外相も「非常に好ましい結果だ」と付け加えた。

これとは別に、安藤外務副報道官は6日、国連決議を歓迎する立場を表明し、いまは対話を求めるときではなく、北朝鮮が非核化に向けた具体的な対応をとるよう、一段と効果的な圧力をかけるときだ、との考えを示した。

これより先、中国の王毅外相は、北朝鮮問題では制裁だけでなく対話も必要だと述べていた。

5日のASEAN外相会議でも、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射などを非難する特別声明を発表し、朝鮮半島を巡る緊張の高まりに強い懸念を表明した。

声明では、北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射などを受けた朝鮮半島の緊張の高まりについて、世界の平和と安全に対する「深刻な脅威」と非難し、北朝鮮に対し国連安保理の決議を順守し、地域の平和に貢献するよう要求した。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索