豪軍、北東部沖で墜落のオスプレイ発見

豪軍、北東部沖で墜落のオスプレイ発見

[シドニー 7日 ロイター] - オーストラリアのペイン国防相は7日、豪海軍の調査船が同国北東部ショールウォーターベイ沖で、墜落した米海兵隊の新型輸送機オスプレイの機体が沈んでいるのを発見したと発表した。

同相によると、海軍の潜水チームは水中探査機を使って機体の状況を調べるが、ダイバーを出動させる可能性もあるという。

墜落事故は5日に発生。米国防総省は死亡した海兵隊員3人の名前を公表した。その他23人の搭乗者は救助された。

捜索活動を行ってきた米海兵隊は先に、墜落機の回収に重点を移したと明らかにしている。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索