米空母が来年ベトナム寄港へ、1975年以来初めて=国防総省

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国防総省は8日、同国の空母が来年ベトナムに寄港すると発表した。両国関係の進展を示す兆候とみられている。マティス米国防長官とベトナムのリック国防相が米国防総省で同日会談し、その席上で空母寄港について合意したという。

米空母のベトナム寄港は1975年のベトナム戦争終結以来初とされる。

ベトナム政府は5月、フック首相がトランプ大統領とホワイトハウスで会談した際、米空母のベトナム寄港について可能性を協議したと明らかにしていた。

中国が南シナ海で領有権主張を拡大する中、米国とベトナムの関係は共通の懸念を背景に改善している。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索