原油先物は小幅下落、レンジ内取引に

原油先物は小幅下落、レンジ内取引に

[東京 10日 ロイター] - 10日アジア時間の原油先物価格は小幅下落。米原油在庫が予想以上に減少したことを受けて朝方は小幅上昇していた。アナリストは、相場がレンジ内に落ち着きつつあるとの見方を示した。

0232GMT(日本時間午前11時32分)現在、北海ブレント先物<LCOc1>は4セント(0.1%)安の1バレル=52.66ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は3セント安の1バレル=49.52ドル。

CMCマーケッツのチーフ市場アナリスト、リック・スプーナー氏は「レンジ内の取引に落ち着いた。ドルがやや強含んでおり、(原油に)若干のマイナスとなっている可能性があるが、全体的に足元では横ばいの値動きになっている」との見方を示した。

米エネルギー情報局(EIA)によると、最新週の米原油在庫は前週比650万バレル減。市場予想は270万バレル減だった。

*内容を更新しました。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索