メルケル独首相の支持率が低下、SPD党首もマイナス=世論調査

メルケル独首相の支持率が低下、SPD党首もマイナス=世論調査

[ベルリン 10日 ロイター] - 独総選挙を約6週間後に控える中、新たな世論調査によると、メルケル独首相の支持率が59%と、前月から10ポイント低下した。

インフラテスト・ディマップの調査によると、ショイブレ財務相の支持率は64%と、1ポイント低下。

一方、社会民主党(SPD)のシュルツ党首の支持率は33%。前月から4ポイント下がった。

調査によると、政治家は自動車業界に対して寛大すぎるとの回答は全体の3分の2に上った。

一方、メルケル首相率いる保守系与党連合のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)に次期政権を率いてほしいとの回答は約49%だった。

CDU・CSUの支持率は39%と、1ポイント低下。SPDは1ポイント上昇し24%となったものの、依然としてCDU・CSUに差を付けられている。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索