米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領がバージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡る発言で孤立を深めるなか、ティラーソン国務長官は18日、人種差別主義を非難し、国務省をより人種的に多様にすることを確約した。

ティラーソン長官は国務省のフェローシップ・プログラムの参加者に対し、1865年にリンカーン大統領が行った演説を引き合いに出し、リンカーン氏は 戦争の傷口を修復する必要があると国民に呼び掛けたとし、「今日、われわれも傷口を修復する必要がある」と述べた。

そのうえで「われわれは和解と理解を追求し、肌の色、民族性、宗教、政治的な見解にかかわらず相互に尊敬する必要がある」との考えを示した。

ただトランプ氏のシャーロッツビル事件を巡る発言に関する言及はなかった。

*写真を追加しました。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索