北朝鮮が挑発行為やめれば韓国格上げ検討も=S&P

[ソウル 14日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバル・レーティングは14日、北朝鮮が挑発的行為をやめることに真剣な姿勢を示した場合、韓国のソブリン信用格付けの引き上げを検討する可能性があると明らかにした。

S&Pのソブリン格付けチームのシニアディレクター、キムエン・タン氏は、韓国格上げの可能性はあるかとの質問に対し、「今後、(北朝鮮の)挑発行為が止まると確信を持つことができれば(答えは)イエスだ」と述べた。

その上で、朝鮮半島の緊張の高まりを考慮すると、ありそうにないシナリオだと指摘。「彼らが武器の開発を進めることを誰も止められない」と語った。

S&Pの韓国の格付けは3番目に高い「AA」で、見通しは「安定的」。英国、ベルギーと同じ。

タン氏は、中国による韓国企業に対する不買運動については経済への影響を重視しない姿勢を示した。新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)の配備決定に対する過剰な報復行為はないだろうとし、おおむね象徴的なものになると指摘した。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索