中朝貿易、8月は2016年12月以来の高水準

中朝貿易、8月は2016年12月以来の高水準

[北京 23日 ロイター] - 中国税関総署によると、8月の中国と北朝鮮の貿易総額は6億0427万ドルで、2016年12月以来の高水準となった。7月は4億5616万ドルだった。

ただ前年同月の6億2820万ドルからは減少した。

1─8月の貿易総額は7.5%増の36億1000万ドル。

8月の中国の北朝鮮からの輸入は、前月比84.4%増の2億8830万ドル。前年同月比では1%減少した。

輸出は3億1597万ドル。前月比では5.4%増加した一方、前年同月比では6.2%減となった。

中国は2月に北朝鮮からの石炭輸入を停止。北朝鮮の外貨獲得手段が減少している。

国連安全保障理事会は8月6日、北朝鮮が7月に行った大陸間弾道ミサイル発射を受けて、新たな対北朝鮮制裁を全会一致で採択。石炭、鉄鉱石、海産物などの輸出を禁止した。制裁の実施は9月初旬からとされていたが、中国政府は8月16日からの実施方針を発表した。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索