メイ英首相、EU離脱後2年の移行期間求める考え再表明へ

メイ英首相、EU離脱後2年の移行期間求める考え再表明へ

[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のメイ首相は13日に行う欧州の経済団体との会合で、欧州連合(EU)離脱後に2年間の移行期間を設けることを求める考えをあらためて示す方針だ。首相府が発表した。

発表によると、メイ首相は「2019年3月のEU離脱後に約2年間の実施期間を確保するよう尽力する」考えをあらためて表明する。

メイ首相はここ数カ月間に英国のロビー団体や企業幹部と定期的に会うなど、経済界との関わりを深めている。

13日の会合には、英国だけでなくドイツやフランス、イタリア、スペインなどのEU加盟国の団体やEUの組織も参加する。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索