ベルギーの裁判所、カタルーニャ前首相巡る判断持ち越し

[ブリュッセル 17日 ロイター] - スペイン当局から逮捕状が出ている、カタルーニャ自治州政府のプチデモン前首相と元幹部4人について、ベルギーの裁判所は17日、審理を開いたものの、結論は下さず、来月上旬にあらためて審理を開くとした。

プチデモン氏の弁護士は記者団に対し「12月4日に審理が開かれることになった。(スペイン)当局は身柄の引き渡しを要求しているが、きょうは何も決定されなかった」と述べた。

プチデモン氏らは前月、スペイン政府から州政府の要職を解任された後、ベルギーに逃れた。しかし今月に入りスペイン当局が反逆罪・扇動罪の容疑で欧州連合(EU)共通の欧州逮捕状(EAW)を出すとベルギー当局に出頭。その後釈放された。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索