原油先物は動意薄 月末にOPEC総会控え、減産合意延長が焦点

原油先物は動意薄 月末にOPEC総会控え、減産合意延長が焦点

[シンガポール 20日 ロイター] - アジア時間の原油先物相場は動意に欠ける展開。30日に石油輸出国機構(OPEC)総会を控え、持ち高を大きく傾ける動きはみられない。

0052GMT(日本時間午前9時52分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は前営業日終値比26セント(0.4%)安の1バレル=62.46ドル。米WTI原油先物<CLc1>は2セント高の56.57ドル。

OPEC総会では、ロシアなど非加盟産油国との協調減産合意を、現在の期限である2018年3月から延長するかが焦点。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索