イタリア議会、年末に解散し来年3月に総選挙実施へ=関係筋

イタリア議会、年末に解散し来年3月に総選挙実施へ=関係筋

[ローマ 13日 ロイター] - イタリア議会はクリスマスから新年を迎える間に解散され、来年3月4日に総選挙を実施する可能性が高い。大統領府の関係筋が明らかにした。

関係筋によると選挙は3月11日の可能性もある。近く最終的な決定が下されるという。

関係筋によると、ジェンティローニ首相が年末恒例の記者会見を終えた後、マッタレッラ大統領は両院を解散することが確実視されている。首相会見は28日の予定。議会は28日までに18年予算案を可決する見通し。新政府発足までジェンティローニ首相が職にとどまる。

これに先立ち伊紙コリエーレ・デラ・セラやラ・リパブリカなどが、大統領が今月末に議会を解散する可能性が高く、3月初めの選挙実施への道が開かれると報じていた。

総選挙は遅くても5月までに実施する必要がある。

選挙では中道右派が大方の議席を獲得するとみられているが、世論調査によると絶対多数には至らない見込みでハングパーラメント(単独過半数政党なしの議会)になる公算が大きい。

*内容とカテゴリーを追加して再送します。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索