カナダ・トロントで車が歩道を暴走、10人死亡・15人負傷

カナダ・トロントで車が歩道を暴走、10人死亡・15人負傷

[トロント 23日 ロイター] - カナダの最大都市トロントで23日昼、ワゴン車が約1.6キロにわたり歩道を暴走し、歩行者をはねる事件が発生した。警察によると、10人が死亡、15人が負傷した。

トルドー首相は事件を「悲劇的で無分別」と批判した。

地元警察によると、車を運転していた男はアレク・ミナシアン容疑者(25)で、過去の犯罪歴はなし。警察の会見では、故意の行動の可能性が大きいとの見解が示されたが、動機は不明。

カナダ公共放送CBCは、政府関係者の話として、男は過激派組織との関連はないと伝えている。

事件は現地時間午後1時半ごろ、トロント市の北部で発生。歩道は昼休みを取る会社員らで込み合っていた。

トロントでは現在、先進7カ国(G7)外相会合が開催されているが、警備体制に変更はないという。

ある目撃者はCNNに対し、バンは通行人を標的にしていたようだったと証言。「男は意図的にやっていた。止まることなく次々と人をはねていた」と述べた。

*内容を追加します。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索