NATO、北朝鮮への「断固とした圧力」維持を確認

NATO、北朝鮮への「断固とした圧力」維持を確認

[ブリュッセル 11日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)加盟国は11日、北朝鮮に対し「断固とした圧力」を維持することで一致した。国連の対北朝鮮制裁の完全な履行や、核・化学・生物兵器を放棄させる取り組みなどが含まれる。

NATO加盟の29カ国は共同宣言で「朝鮮半島の検証可能かつつ不可逆的な非核化」に向けた目標に全面的な支持を再表明し、「北朝鮮に対し断固とした圧力を維持することをすべての国に要請する。国連の制裁の完全な履行が含まれる」とした。

最近の米朝、および南北首脳会談を評価した上で「北朝鮮による国際協定の完全な履行」を要請。さらに北朝鮮に核拡散防止条約(NPT)への復帰や化学兵器禁止条約(CWC)の加盟を促した。

また、イランのミサイル実験に懸念を表明し、「イランの核開発プログラムを平和的な活動にとどめることを恒久的に確実にする」ことへのコミットメントを確認した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索