ターンブル豪首相、支持率が4カ月ぶりの低水準に

ターンブル豪首相、支持率が4カ月ぶりの低水準に

[シドニー 13日 ロイター] - 13日に公表された世論調査で、オーストラリアのターンブル首相の支持率が4カ月ぶりの低水準となった。

現地紙オーストラリアンに掲載されたニュースポールの世論調査によると、首相として誰が望ましいと思うかとの設問で、ターンブル氏の支持率は過去2週間で4%ポイント低下した。

フリンダーズ大学のヘイドン・マニング教授(政治学)は「ターンブル氏は再び退潮傾向だ。勢いを取り戻し、自身の最重要政策を通過させられなければ、リーダーシップを巡る疑念が再び頭をもたげるだろう」と述べた。

ニュースポールの世論調査によると、ターンブル氏率いる自由党と国民党による与党連合は依然として支持率で労働党の後塵(こうじん)を拝しているが、支持率(与党連合49%、労働党51%)の差は変わらなかった。

7月に実施された連邦議会の5議席を争う補欠選挙で、与党連合は1議席も制することなく野党に敗北を喫した。2019年5月までに実施される総選挙を前に、ターンブル政権にとって打撃となった。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索