英国の未来、首相離脱案の議会採決に懸かる=EU交渉官

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱を巡りEU側の交渉を担うバルニエ首席交渉官は6日、メイ英首相との合意案が秩序ある離脱を実現する唯一の方法だとし、同案を巡る議会採決が英国の未来を決めると述べた。

バルニエ氏は「離脱条約がなれば、移行期間はなく、将来の関係について英国との間に必要な信頼の土台もない」と述べた。

英議会は11日にメイ首相の離脱合意案の採決を行うが、可決は難しい状況とみられている。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索