ベネズエラ産油量、20年に日量70万バレル割れの可能性=調査会社

[ロンドン 11日 ロイター] - エネルギー専門調査会社リスタッドによると、ベネズエラの原油生産量が2020年に日量68万バレルと、昨年末の134万バレルから大きく減少する可能性があるとの見通しを示した。

リスタッドは可能性は低いとしつつも、現状が続き、ベネズエラが米国の制裁の影響を相殺できず、新たな資金を調達できなければ、今年の産油量が日量80万バレル、20年には70万バレルを割り込み68万バレルになる可能性があると試算した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索