英の合意なき離脱リスク、依然高い=ムーディーズ

[ロンドン 15日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズは15日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が延期される可能性が高まっているにもかかわらず、合意なきブレグジットのリスクは依然として高いとの見方を示した。

英議会は14日、メイ首相が先にまとめたEU離脱協定案の修正を求める政府方針に賛同するか採決を行い、反対多数で否決した。[nL3N2096JG]

これを受け、ムーディーズのアナリスト、サラ・カールソン氏は「英国がブレグジット手続きの延長を求める可能性が高まっているが、これは単に不透明感を長引かせるだけであり、クレジットには明らかにネガティブ」と指摘。「同時に、ネガティブな影響度が大きい合意なきブレグジットとなるリスクは依然として高い」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索