トランプ大統領、安倍首相以外からも平和賞ノミネート

トランプ大統領、安倍首相以外からも平和賞ノミネート

[オスロ 18日 ロイター] - 安倍晋三首相は、今年のノーベル平和賞にトランプ米大統領を推薦したかを明言しなかったが、それはもうあまり意味のないことかもしれない。すでに他で推薦されていたからだ。

トランプ大統領は15日の記者会見で、安倍首相からノルウェー・ノーベル委員会に宛てた5ページに及ぶ推薦状の「最も素晴らしいコピー」を受け取ったと語った。

安倍首相は推薦したかどうか明言を避けているが、ノルウェー議員2人がすでにトランプ大統領を同賞に推薦していたことが明らかになった。

「もちろん朝鮮半島における前向きな進展を理由に、彼(トランプ氏)を推した」と語るのは、2016─18年にソルベルグ政権下で法相を務めたペール・ビリ・アムンセン議員だ。

右派の進歩党に所属する同議員は「非常に厳しい状況だったが、緊張は緩和した。トランプ氏の前例のない外交スタイルによるところが大きい」と評価する。同党所属のChristian Tybring-Gjedde氏と共同で推薦状を書き、昨年6月の米朝首脳会談直後にノーベル委員会に送付したと明らかにした。

ノルウェー国会の外交・防衛委員会メンバーであるTybring-Gjedde議員は「言うまでもなく、(トランプ氏の)受賞は米朝首脳会談が信頼できる非核化合意に達することができるかにかかっている」と述べた。

ノーベル委員会は平和賞の推薦者と被推薦者を過去50年間公表していない。今月に入り同委員会は、今年の平和賞候補として304件(219人、85団体)の推薦を受け取ったと発表した。1月末が推薦の締め切りだった。発表は10月11日に予定されている。

*内容を追加します。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索