北朝鮮でミサイル発射が差し迫っている兆候なし=韓国国防相

北朝鮮でミサイル発射が差し迫っている兆候なし=韓国国防相

[ソウル 18日 ロイター] - 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相は18日、議会公聴会に出席し、北朝鮮の一部ロケット施設における最近の活動がミサイル発射準備にあたるかどうかを判断するのは時期尚早だと述べた。

複数の米シンクタンクと韓国当局者は今月上旬、衛星画像を基に、北朝鮮・東倉里の西海(ソヘ)ロケット発射場で発射の準備が進められている可能性があると指摘した。

鄭国防相は議会国防委員会で「それをミサイル関連活動とみなすのは軽率だ」と指摘。「東倉里は発射場だが、われわれはミサイル発射に向けて進められているいかなる活動も認識していない」と述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索