英の離脱延期申し入れ、29日の期限直前までずれ込みも=EU筋

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 英国が欧州連合(EU)離脱を延期する可能性について、欧州外交高官は、英国からの延期申し入れが3月21─22日のEU首脳会議後になる可能性があると指摘した。

離脱延期は、英国を除くEU加盟国27カ国の同意が必要。

複数のEU外交筋は18日、ロイターに対し、英国が離脱延期を要請した場合、承認のために27カ国は必ずしも集まる必要はないと述べた。

ある関係筋は「集まる必要はない。書面による手続きというのもある」と述べ「離脱期限(29日2300GMT、日本時間30日午前8時)の1時間前にすべての手続きを終えなければならない」とした。

ただ「加盟国は首脳会議の場できちんと対応することを希望している」とも述べた。

EUは、離脱延期に伴う法的、政治的影響を検討する一方で、メイ首相の離脱合意案の3回目の採決にも注目している。

ハント英外相は18日、可決に必要な賛成票を確保できれば19日に採決を実施したい考えを示した。

アイルランドのコベニー外相は、週内に離脱協定案が承認されれば延期期間は短くて済むが、承認されなければ相当延びることになると述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索