メキシコ大統領、再選目指さず 文書で確約

メキシコ大統領、再選目指さず 文書で確約

[メキシコ市 19日 ロイター] - メキシコのロペスオブラドール大統領は19日、任期終了後に再選を目指さないことを確約する文書に署名した。

ロペスオブラドール氏の任期は2024年まで。メキシコの憲法は大統領任期は6年で再選なしを原則としている。

大統領は「いかなる状況にあっても、決して現在の地位を永続させようとはしない」との文書に署名した。

メキシコの下院は14日、大統領任期の短縮を可能とする国民投票実施を承認した。ロペスオブラドール氏は、任期半ばで実績に対する評価のため国民投票を実施することを選挙公約に掲げていた。

憲法改正には上院での可決が必要だが、専門家は国民投票が再選に向けた一歩となる可能性を指摘し、懸念の声が上がっていた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索