NZ銃乱射事件、王立委が独自調査へ=アーダーン首相

NZ銃乱射事件、王立委が独自調査へ=アーダーン首相

[ウェリントン 25日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は25日、クライストチャーチの2カ所のモスク(イスラム教礼拝所)で15日に発生した銃乱射事件に関し、王立委員会が独自調査を行うことを明らかにした。諜報機関も加わるという。

アーダーン首相は、議会で行った記者会見で「このテロ行為がどのようにして起きたのか、それを阻止する機会があったとすればどのような機会があったのか。その真相を探るためには、草の根を分けてでも調べ尽くすことが大切だ」と発言。そのためには、通常は公共的に重要な問題を扱う王立委員会による独自調査が適切だと述べた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索