米中貿易摩擦、世界の安定性に最大のリスク=IMF幹部

[リスボン 25日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のリプトン筆頭副専務理事は25日、米中貿易摩擦は世界の安定性に対する最大のリスクとしたほか、欧州の経済ショックに対応するためには財政安定化が不可欠との認識を示した。

リプトン氏はリスボンでの会議で、「明らかに欧州だけの問題ではない。米国も同様に財政を正常化する必要がある。米中貿易摩擦は世界の安定性に最大のリスクをもたらす」と述べた。

また財政安定化が欧州のリスク低減の中核であるべきとし、「マクロ経済のショックへの対応、および財政面と金融面の政策ミックスの改善」が重要と指摘。財政安定化を欠く中では「ユーロ圏は安定化のために金融政策に過度に依存し続けるだろう。そして危機対応の負担の多くが各国にかかり、それぞれの国の財政余力に応じて対応することになる」と語った。

英国の欧州連合(EU)離脱も欧州内外の不確実性を引き起こしているとした。

欧州の最近の景気減速に関しては、EU加盟各国が「潜在的な景気後退に備えて自国の守りを強化すべき」とし、これにはイタリアなど「顕著な脆弱性」に対応していない国々が含まれると述べた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索