ボルトン米大統領補佐官らが戦争を画策=イラン外相

[ジュネーブ 25日 ロイター] - イランのザリフ外相は25日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らが対イラン戦争を画策していると非難した。

外相はツイッターで「イランは一度も交渉のテーブルを離れたことはない。Bチーム(ボルトン氏、イスラエルのネタニヤフ首相、サウジのムハンマド皇太子)が米国を引きずり出して、戦争を画策しているのだ」と述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索