米イリノイ州、嗜好品としての大麻合法化 全米で11州目

[シカゴ 25日 ロイター] - 米イリノイ州で25日、嗜好品としてのマリファナ(大麻)が合法化された。これにより同州は全米で11番目の嗜好用大麻の合法州となり、来年1月1日から大麻が店舗で販売されることになった。

プリツカー州知事は5月に議会で可決された大麻合法化法案に署名。知事は署名式で「われわれは何十万人もの人々により良い生活機会を与えることになる」と述べた。

医療用または嗜好品としての大麻使用は33州で合法化されているが、連邦政府は依然として禁止したままとなっている。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索