トルコ、ロシア製ミサイル配備は来年4月に完了=大統領

[イスタンブール 15日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は15日、このほど一部納入が始まったロシア製ミサイル防衛システム「S400」の配備が2020年4月に完了する見通しを示した。

エルドアン大統領は、すでに航空機8機による部品輸送が行われ、今後も納入が続くと述べた。

その上で「S400はわが国への攻撃に対抗する最高の防衛システムで、ロシアとの共同投資としてこの計画を実施し、継続していく」とした。

トルコによるS400購入を受け米国など北大西洋条約機構(NATO)加盟国との対立が高まっているが、エルドアン大統領は14日、トランプ米大統領にはトルコへの制裁を免除する権限があるとし、「妥協案」を見いだすべきだと述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索