米、5G巡り国際影響力向上を 共和党議員が中国対抗へ法案提出

[ワシントン 15日 ロイター] - 米共和党のマイケル・マコール下院議員(テキサス州)は15日、第5世代移動通信システム(5G)での中国の影響力増大に対抗するため、世界の業界標準化団体での米企業のプレゼンスを高める法案を提出した。

法案は、5Gを巡る基準を作成する国際的な電気通信団体で米国の「代表権とリーダーシップ」を引き上げることを国務長官に要請している。中国に対抗するためにこのような団体で影響力を高めることが必要だとしている。

法案は追加予算ではなく、国務省の既存予算からの割り当てを求めている。民主党のヘンリー・クエラー下院議員(テキサス州)も法案の共同提出者になっている。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索