「債務不履行招かず」、アルゼンチン大統領選有力候補が訴え

「債務不履行招かず」、アルゼンチン大統領選有力候補が訴え

[ブエノスアイレス 14日 ロイター] - アルゼンチン大統領選予備選挙で首位に立った野党候補、フェルナンデス元首相は14日、自身の政策が債務不履行につながることはないとの認識を示した。

マクリ大統領と電話で話し、市場変動の安定化が望ましいとの考えで一致したことも明らかにした。

フェルナンデス氏は「(自身の政策)提案は、債務不履行や国家の責務を認識しない姿勢を想定したものではない」と述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索