韓国、今年の成長率目標を2.0─2.1%に下方修正=企画財政相

[ソウル 20日 ロイター] - 韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)企画財政相は18日、今年の同国経済成長率は2.0─2.1%前後となり、主要な国際機関の予想と一致するものの、7月初めに同省が設定した目標は下回るとの見通しを示した。

同相は、米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の合間に行ったブリーフィングで記者団に、「今年の経済成長率は、国際通貨基金(IMF)と経済協力開発機構(OECD)の予想水準になると思う」と述べた。

IMFは、15日に公表した最新の世界経済見通し(WEO)で、2019・20年の韓国経済成長率見通しをそれぞれ0.6%ポイント下方修正し、2.0%と2.2%とした。

一方OECDも9月半ば、世界貿易の鈍化と中国からの需要低迷を理由に、今年と来年の韓国の成長見通しをそれぞれ2.1%と2.3%に引き下げた。

韓国企画財政省は7月初めに経済予測の年央更新を行い、今年の経済成長目標を2.4─2.5%とし、昨年12月に設定した2.6─2.7%から下方修正した。

今年上半期の成長率は前年同期比1.9%、昨年通年では2.7%だった。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る