韓国、液体式電子たばこの使用中止を勧告 健康に「重大な脅威」

韓国、液体式電子たばこの使用中止を勧告 健康に「重大な脅威」

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国の朴凌厚・保健福祉相は23日、電子たばこに対する健康懸念の高まり受け、国民に液体式電子たばこの使用をやめるよう勧告した。

電子たばこによる健康への影響が懸念され、世界では米国やインドをはじめ複数の国で販売や広告を規制・中止する動きがでている。

保健相はブリーフィングで、米国で電子たばこが原因とされる肺疾患の発生例があることを挙げ、「現状では健康への重大な脅威とみなされる」と指摘。政府は液体式電子たばこの販売禁止に科学的根拠があるかについて独自に調査を進めると説明した。

米保健当局は、これまでに電子たばこに関連した呼吸器疾患が原因あるいは疑われる死亡例を33件、症例を1479件報告している。

韓国保健当局は今月、電子たばこ使用者の肺炎発症を1例報告している。韓国では液体および非燃焼式電子たばこは広く入手可能で、政府統計によると6月の販売シェアは、たばこ市場の13%を占めた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る