ロシア大統領、ボリビアは混沌寸前の状態と警告

ロシア大統領、ボリビアは混沌寸前の状態と警告

[ブラジリア 14日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は14日、ボリビアは混沌寸前の状況にあり、モラレス前大統領が10日に辞任した後に権力の空白が生まれていると指摘した。

プーチン大統領は、ブラジリアで開かれた、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会合で記者団に、ボリビアで次に誰が元首になろうと、ロシア政府との協力を継続するよう期待していると述べた。

大統領は「権力不在の状況が生じている。(ボリビアは)混沌寸前の状態にある」と語った。一方で、「中南米ではあらゆることが急速に変化する。良識がいきわたるよう期待しよう」と述べた。

ロシアの原子力機関はボリビアに原子力研究開発センターを建設中。モラレス大統領(当時)は今年6月にロシアを訪問してプーチン大統領と会談し、ボリビアのガスとリチウムを協力分野に掲げていた。

ロシアのリャブコフ外務次官はこの日、12日に暫定大統領就任を宣言したアニェス上院議員と協力する用意があると発言したが、就任は議会承認に必要な定数の賛成票を得ていないと強調した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る