米韓、合同軍事を延期 北朝鮮に配慮

米韓、合同軍事を延期 北朝鮮に配慮

[バンコク 17日 ロイター] - 米国と韓国は17日、米と北朝鮮との非核化交渉を後押しするため、近く実施予定だった米韓合同の空軍演習を延期する方針を明らかにした。

米韓合同の空軍演習はここ数年、北朝鮮に配慮して規模を縮小して実施されてきたが、北朝鮮は強く非難してきた。

米国のエスパー国防長官は、韓国の鄭景斗国防相との共同会見で、延期方針について「譲歩だとは考えていない。和平実現に向けた信念のある取り組みだ」と説明し、北朝鮮が今回の決定を踏まえ、同様の善意を示し、前提条件なしで、ためらうことなく交渉のテーブルに戻ることを促す、と述べた。

両国の演習は数日以内に実施される予定だった。

北朝鮮の外交官は今月米韓合同の空軍演習について、米国との非核化協議に「水を差す」と批判。北朝鮮は合同軍事演習は北朝鮮への侵略に向けた演習だと指摘している。

*カテゴリーを追加して再送します。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る