サウジ原油輸出、9月は前月比3%減 石油施設への攻撃影響

サウジ原油輸出、9月は前月比3%減 石油施設への攻撃影響

[18日 ロイター] - サウジアラビアの9月の原油輸出が日量667万バレルと、8月(688万バレル)から3%減少したことが18日、共同石油統計イニシアチブ(JODI)の統計で明らかになった。

9月の原油生産量は66万バレル減少の日量912万9000バレル。原油在庫は2027万バレル減少の日量1億5248万バレル。国内の原油精製処理量は1万バレル増加の日量258万4000バレルだった。

サウジを含む石油輸出国機構(OPEC)加盟国はJODIに毎月、輸出統計を提出。JODIはこれをウェブサイトで公表している。

サウジアラビアでは9月14日に国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が攻撃され、サウジの石油生産能力の半分以上が影響を受けた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る