原油先物1ドル超下落、供給過多・米中懸念が重し

原油先物1ドル超下落、供給過多・米中懸念が重し

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米国時間の原油先物は、1バレル当たり1ドルを超えて下落した。世界的な供給過多の懸念のほか、米中通商協議で大きな進展が見られていないことが重しとなった。

清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が1.53ドル(2.5%)安の1バレル=60.91ドル、米WTI原油先物<CLc1>が1.84ドル(3.2%)安の55.21ドル。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国で構成するOPECプラスが実施している協調減産などの効果で、北海ブレント先物は年初から約15%上昇した。ただロシアは12月のOPECプラス会合で減産幅の拡大には合意しない公算が大きいことが関係筋の話で判明。これを受け供給過多の懸念が台頭したことで、原油価格は下落した。

このほかCNBCが前日、関係筋の話として中国政府が米国との通商合意を巡り悲観になっていると報じたことも引き続き重しとなっている。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「貿易戦争を巡るマイナスのニュースが出てきたことで原油相場は失速した」と述べた。

この日は、ノルウェーの産油量が予想を超えて増加したことなども原油価格の重しとなった。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る