北朝鮮次官、外交機会失えば「責任は米国に」

北朝鮮次官、外交機会失えば「責任は米国に」

[ソウル 22日 ロイター] - 北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官は22日、朝鮮半島における外交の機会がなくなった場合、その責任は米国にあると述べた。韓国の聨合ニュースが報じた。

非核化交渉が停滞する中、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に近い崔氏の発言は、米国に方針変化を求める北朝鮮の新たな動き。崔次官はロシア当局者との会談後、記者団に対して「米国が適切な対策を取らないことで朝鮮半島における外交の機会がなくなった場合、米国が全面的に責任を負わなければならない」と述べた。適切な対策について説明はなかった。

崔氏は20日、金氏とトランプ米大統領の首脳会談は「米国が敵視政策を撤回するまで」不可能ではないかと発言していた。

北朝鮮は、米国と韓国の合同軍事演習の中止や、北朝鮮の核や大陸間弾道ミサイル実験に対する国際的な制裁の解除も求めている。

崔氏は、北朝鮮が「時間をかけて信頼を築く措置を取ってきた」ものの、米国の対応を受け「裏切られたという気持ち」しかないと語った。

米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が崔氏をカウンターパートと述べたことについて聞かれると、交渉官は各国で指名されると答えた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る