[ワシントン 13日 ロイター] - ロシア軍とつながりがあるハッカー集団が、米民主党のバイデン前副大統領の息子ハンター・バイデン氏が取締役を務めていたウクライナのエネルギー会社にハッカー攻撃を仕掛けていたことが明らかになった。

米サイバーセキュリティー会社エリア1セキュリティーが13日、明らかにした。

トランプ米大統領は昨年、バイデン親子の汚職疑惑を調査するようウクライナのゼレンスキー大統領に要請。これを受け米下院は「権力乱用」と「議会妨害」でトランプ氏を弾劾訴追している。

エリア1によると、ハッカー攻撃を受けたのはウクライナのエネルギー会社ブリスマ。ロシア軍の情報機関・参謀本部情報総局(GRU)とつながりがあり、「ファンシーベア」や「APT28」として知られるハッカー集団が電子メールの情報を盗もうとしたという。

米国の調査によると、このハッカー集団は2016年の米大統領選挙を混乱させるため、民主党の全国委員会にもハッカー攻撃を仕掛けている。

エリア1によると、ハッカー集団が具体的にどのような情報を探していたのかは不明。ブリスマへのハッカー攻撃でハンター・バイデン氏が送受信したメールなどを閲覧することが可能という。

盗まれた情報が外部に流出すれば、トランプ氏の弾劾裁判や今年の米大統領選に影響が出ることも考えられる。

ロシア国防省のコメントはとれていない。米国の国家安全保障局と国土安全保障省はコメントを控えている。ブリスマのコメントもとれていない。