[香港 15日 ロイター] - 香港政府は15日、今月26日にビクトリア湾で開催を予定していた春節(旧正月)恒例の花火大会を「治安を考慮」して中止すると発表した。

これとは別に、香港警察は、反政府デモ隊メンバーの拠点とみられる住居を家宅捜索し、発見したパイプ爆弾の信管を取り除いたほか、爆発物を製造したとして男4人を逮捕したと明らかにした。このうち3人は学生で、元日の違法集会の容疑もかけられているという。

香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をきっかけとする抗議活動がなお続くなか、警察はここ数カ月で複数回にわたり、銃や爆発物が発見されたと報告している。