[東京 16日 ロイター] - 菅偉義官房長官は、「桜を見る会」の推薦者名簿に関し、内閣府が推薦部局を隠して国会に提出した問題について「極めて不適切な行為である」と述べた。

菅官房長官によると、推薦部局の1つに関し、内閣官房内閣総務官室となっていた推薦部局を消して、国会に提出した。この点について「国会との関係で極めて不適切な行為である」と語った。

この事実関係は、16日の参院予算委の理事懇談会で内閣府から示された。

(田巻一彦)