[ワシントン 16日 ロイター] - 米中の当局者が15日に北朝鮮との交渉や核兵器開発を抑制するための国連制裁について協議したと、米国務省が16日発表した。

国務省のオルタガス報道官は声明で、ビーガン北朝鮮政策特別代表が中国外務省の楽玉成次官と協議し、北朝鮮との交渉における「米国のコミットメントを改めて示した」ほか、中国に対し「国連安保理の制裁の完全なる履行」を求めたと述べた。