[ジュネーブ 11日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、1年半以内に新型コロナウイルスのワクチンの用意が整う可能性があるとの見通しを示した。

テドロス事務局長は、新型ウイルスの正式名称は「COVID─19」に決定したと述べた上で、「現時点で利用可能な(新型ウイルスにへの)対抗手段をすべて講じる必要がある」と述べた。