[東京 12日 ロイター] - 加藤勝信厚労相は12日衆院予算委員会で、横浜港に停泊中のクルーズ船内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、病院機能を保有する船舶についての検討が必要と述べた。赤澤亮正委員(自民)への答弁。

厚労相は「(クルーズ船での感染者を)陸上の病院に搬送するには感染リスクもある。重症者は陸地の病院への搬送が必要だが、軽症者の取り扱いが課題。病院機能を持つ船舶の検討は十分あり得るのではないか。関係省庁とも探りながら、病院船の配備のありかたを加速的に検討する必要ある」と説明した。

(竹本能文)