[北京 12日 ロイター] - 中国民用航空局(CAAC)は12日、各国が新型コロナウイルスの感染防止対策として実施している渡航制限について、世界保健機関(WHO)や国際民間航空機関(ICAO)の指針に沿って、できるだけ早期に解除することを期待すると表明した。CAACの幹部、Xiong Jie氏が記者会見で述べた。

CAACは渡航制限によって打撃を受けている航空会社に補助金を支給するよう当局に訴え続けると同氏は語った。

また、航空会社が困難な時期を乗り越えられるよう、航空会社同士の合併や輸送能力の最適化を支援する方針を示し、「コロナウイルスは民間航空業界に非常に大きな影響をもたらした。航空機の便数が大幅に減り、安全面で新たなリスク、あるいは波及リスクが生じる恐れがある」と述べた。

新型コロナウイルスの影響を受けている国際線について、CAACは他の航空当局と連絡を取り合いながら、航空会社の発着枠やその他の権利を維持できるよう努力するとし、運航をできるだけ早期に再開させると付け加えた。