[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日、衆院予算委員会で、衆院解散について「全く考えていない」と言明した。国民投票と衆院選挙の同時開催は想定されていないとの立法府見解は認識しているとした上で、首相の解散権を縛るものではないと指摘した。 辻元清美委員(立国社)への答弁。

辻元委員は、選挙と憲法改正などの国民投票は質的に異なるために同時実施は有権者の混乱を引き起こしかねず想定していない、との立法府の意思を尊重するかと首相に質問した。

首相は「私もそれは承知している」としつつ「他方、それが総理の解散権を縛るかと言えばそうではない」と述べた。

(竹本能文※)