[ダブリン 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのマクルーフ・アイルランド中銀総裁は12日、英国の欧州連合(EU)離脱によってアイルランド経済が大きく変化するため、アイルランドの消費者や企業、規制当局は英国との貿易摩擦拡大を想定し、備える必要があると述べた。

総裁は講演で「英EU間の将来の経済関係は現状よりも多くのハードルを抱える可能性が高く、それは驚くに当たらない。消費者、企業、規制当局は摩擦や相違の増大を予想し、計画を立てるべきだ」と語った。

新型コロナウイルスの感染拡大については、既存の不確実性とリスクを世界レベルで増大させ、短期的には経済成長にマイナスの影響を及ぼす可能性があるとした。