[シドニー 13日 ロイター] - 米インド太平洋軍のデービッドソン司令官は13日、中国は太平洋諸島の主権と地域の安定を脅かしていると批判した。

太平洋地域における中国の過度の領有権主張、債務のわな外交、国際協定違反、国際的資産の窃盗、軍事的脅迫、あからさまな汚職に、米国が対抗する意思を強調した。

オーストラリア訪問中の司令官はシドニーで演説し、「中国共産党は貿易、金融、通信、政治のほか、インド太平洋地域の生活様式をコントロールしようとしている」と指摘した。

オーストラリアの中国大使館はコメント要請に応じていない。中国はこれまで、攻撃的な行動や小国に対する「債務のわな」外交を否定している。